【就活対策】面接、グループディスカッションを勝ち抜く方法

面接に進めたのはいいけど何を話したらいいのか、どう乗り越えたらいいのかわからない。

今日はこういう悩みを抱えた人のために書いていきます。

これは人によるとは思いますが、バイトは別として大抵の人は就活の雰囲気と同じような面接を受けたことはないと思います。

いきなり面接いってこい!となってもなかなかうまく喋れないなんてことがあると思います。

そういった場合に備えて要点をまとめていきます。

就活についての関連記事もご覧ください。

関連記事

これから就活だけど何も準備してない。どうしたら内定がとれる?今日は内定を取るための就活シリーズ第一弾として、全体の流れを解説していきます。以前就活体験談について書いたのでそちらもご覧くださ[…]

就活準備
関連記事

就活のES書くのが面倒すぎる。。ESって大事なの?どうやって書いたらいいの?今日はこういった悩みや疑問に答えていきます。こちらは続編になるのでよければ関連記事もご覧下さい。[sitecard […]

就活ES
関連記事

こんにちは、時期的に就活しなきゃって思う人が増えてくると思うので今日は就活について書きたいと思います!正直に暴露します。僕三回就活してます。もちろん色々と訳ありなのですが、なぜか3回も経験してしまったため、ある程度説得力のあ[…]

面接やグループディスカッションについて

さてここから本題に入ります。

書類選考を乗り越えた次はいよいよ面接へと進みます。

理系の場合例としてこんな選考フローがあります。

書類選考,webテスト

面接(1次)

技術面接(2次)

最終面接
書類選考,webテスト

グルディス(1次)

技術面接(2次)

最終面接
あくまでも例ですがこんな感じで選考が進んでいくことが多いです。
聞いた話だと文系の選考の方が面接の回数が多いのだとか。
基本理系の面接は2回目か3回目で最終。
なので書類選考さえ乗り切れば内定が近くに感じられるはずです。
また途中にグルディスを挟む企業もあります。
僕の経験上グルディスがある企業はかなり大手で一気に人数を削りたい場合に実施される傾向にあります。
それでは面接やグループディスカッションについて詳しくみていきましょう。

就活における面接について

就活の面接というのはアルバイトの面接とはわけが違います。

「この人に投資して投資分の(それ以上の)仕事ができるか。」

「仕事上チームの輪を乱すような人間ではないか。」

「社風に合っているか。」

というようなことを特に細かく審査されます。

正直言うと、数十分の面接の間で一体自分の何が分かるんだって話なんですけど

就活ではその数十分でいかに自然に自分の事を相手に知ってもらうか。

というのが非常に重要になってきます。

ばかばかしい話なのですが、日本の就職活動は海外から見ると非常に効率が悪いとされています。

海外ではインターンをさせて使えると思った学生は即採用、もしくはルールに従った選考フローのようなものはなく非常にフレキシブルに応募が可能だと聞きます。

もちろん審査は厳しいとは思いますが。

話が少し脱線しましたが

何が言いたいかというと

落ちてもとにかく落ち込まない事
だって絶対評価ではなく相対評価になってしまうんですから。
採用人数が決まっているところに一斉に学生が応募してたまたまその面接官が数十分のインプレッションでいいなと思った学生を採用にするのです。
正直運みたいなところもあるような気がしています。
もちろんそれを言いたいがための記事ではないのでこの後就活の面接対策を書いていきます。

面接形態について

面接の形式についていくつか紹介します。

個別面接・・・面接官1~複数対学生1で行う面接。

技術面接・・・基本的に学生1に対して面接官複数で行われる。面接官の中に技術職の方がいる場合がほとんど。

集団面接・・・学生複数に対して面接官が1~複数で行われる面接。

こんな感じの面接があります。

集団面接なんかはやりづらいですよね。
周りの環境によって多少なりともメンタルがぶれることもあるので。

面接の携帯を紹介したところで書く面接の対策について書いていきたいと思います。

 

面接の対策

さてそれではお待ちかねの面接対策を書いていきます。

もちろん僕個人の意見も書いていきますので絶対この考えで間違いないというような固定概念はもたないで1つの意見としてみてくれると嬉しいです。

どの段階の面接かで対策も変わってきますので大きく分けて4つにしたいと思います。

・個人面接(初期の面接)

・集団面接

・技術面接

・最終面接

といった感じに分けていきます。

個人面接(初期)の対策

最初に言ってしまうと、初期段階の個人面接はあくまでも足切り程度にしかなりません。

最終判断は人事部長クラス以上の方が下す場合が多いので、そのガイドラインに当てはまらない人間を切っていくという段階です。

そのためこの段階の面接ではとにかく

固くなりすぎず、失礼のないようにフランクに会話する。

というのが大切になってくると考えています。

それでは面接で主に聞かれる内容から見ていきましょう。

・志望理由
・学生の時に頑張ったこと
・学生の時に頑張ったことについての深堀
・長所・短所について
・どういった企業を見ているか
・困難を乗り越えた経験
・組織の中でどういう立ち位置か
こんなところがオーソドックスな質問でしょうか。
こんな質問想定外!みたいなことももちろんありますが、ここ辺りを抑えておけば問題ないと思います。
さてその質問に対してどう答えていくのがいいか。
回答テンプレ(志望動機)
私が御社を志望している理由は~です。(結論)
私は~という経験があり~
御社の~という技術を用いてこの経験を生かすことができるため御社を志望致しました。

大体こんな感じで
・結論⇒エピソード⇒まとめつつ結論
といった形が基本になってきます。
どの質問に対してもこんな感じで回答すれば当たり障りはなくなります。
ただ注意しておきたいのが、あくまでも初期の段階の面接はある程度若くて年がそこまで離れていない社員の方が出てくる可能性が高いです。
なにか問題が?
あります。
自分が面接官の立場だったとして、型にはまって全然面白くない学生を採用したいと思いますか?
僕なら思いません。しっかりコミュニケーションの取れる学生を採用したいに決まっています。(逸脱しすぎると変な奴と思われて落とされます。)
なので会話のキャッチボールがしっかりできることが前提。
逆に~ってご存じですか?って質問してもいいと思います。
あとはちゃんと目を見て話せるかどうか
あるいはとても頭のよさそうな話し方をする学生
とか。
そのため、どれだけ面接官と普通に会話できるかがカギだと思っています。
さてでは僕なりの初期面接ポイントをまとめてみます。
・面接官の目を見て話す(苦手な人は鼻か眉間)
・逆に「~って聞いたことありますか」とレスポンスを求めてみる
・明るく元気に笑顔で普段通りに近いフランクさで話す
このあたりを意識するといいと思います。
僕の場合途中から話が盛り上がりすぎて雑談になってしまうこともしばしばありました。
でもそういう時ってほぼ通過します。
なので1次面接はいかに面接官との距離を詰められるかが大切になってきます。

集団面接の対策

さて次に集団面接です。

集団面接が個人面接と異なる点は大きく3つ

・自分の競争相手が隣にいる。
・少し考えをまとめる時間がある。
・隣の学生の回答によってメンタルが左右されやすい。
このあたりが大きな違いでしょう。
集団面接はとにかく競争相手の話を聞く機会があるというのがポイント。
ですが、同じような考えだったとしても
「この人こういってたから同じこと言わないようにしよう」なんて思わないでください。
〇〇さんと同じで~って話始めれば全く問題ないですし、エピソード丸被りというのは滅多にありません。
集団面接が上手な人なんかは
〇〇さんの~~というところには強く共感します。
とかいって更に自分のエピソードを付け加えるなんてことが出来る人もいます。
これは少し高度になってきますが、集団面接では相手の話を聞く時間と自分の話をまとめる時間が少しあるのでできる人はやってみてください。
聞いたところによると文系のコンサルとかは
「サークルの副部長やってました。」
「スタバで働いてました。」
「留学経験ありです。」
みたいなのがたくさん出てきて没個性になりがちだとか。
これにどうやって独自性を出すのかを考えることが大切です。
話が脱線しましたが要は個人面接も集団面接もほとんどやることは変わらないのです。
そこで抑えてほしいポイントを3つあげます。
・競争相手と自分を比較しない。
・ほかの学生が話しているときはつまらなくても真剣に聞くようにする。
・集団の中でも面接官と会話のキャッチボールを心がける。
以上の事を心がけてみてください。

技術面接の対策

さてこのパートは少し理系向けになります。

メーカーなどを受ける場合避けて通れないのがこの技術面接。

そして有機系の基礎研究を行っていた僕が一番苦手だった面接です。

形式として

・紙の形式で研究内容を話す。

・実際にパワーポイントを使ってプレゼンをする

があります。後者は最終面接で技術面接も兼ねている場合に行われることが多いので、前者が多いです。

技術面接で聞かれることを書いていきます。

・なぜこの研究を選んだのか。
・この研究がうちでどのように生かせるか。
・この研究の価値。
・この研究は何に応用できるか。
・研究を通して学んだことは何か。
このあたりがオーソドックスな質問でした。
本当に一番困った質問が応用。
だって基礎研究である程度の利用方法は分かるけどそこまで具体的な応用方法を研究しているわけじゃないんだもん。。。
って最初の方はなってたんですけど今から述べるポイントをつかめば大丈夫です。
・少しグレーでも応用できることを調べて自信満々に語る。
・自身の研究と企業の研究を絡めて話せるようにしておく。
正直、この技術面接で自身の研究にどんぴしゃで精通している技術者が面接官になることはほとんどありません。
なので学校のゼミ程鋭い質問は飛んできません。(たまに頭のキレる面接官がいるととんでもない質問が飛んでくることがありますが確率としてはほとんど低いです。)
自身の研究の本質をしっかり理解していれば問題ありません。
だからこそ回答に一般性を含ませることが非常に重要です。
自分のコアな研究のコアな部分を知らない人が聞いても全然わかりませんし、共感もしづらいので
例えばこんなところに応用できる技術で、自分の研究が完成した際にはこういったことができるよになると期待されます!
なんて言っておけば大丈夫です。
とにかく自信をもって回答してください。
正直あまり言いたくありませんが誇張表現が必要になってくる場合がどうしてもあります。
それをいかに堂々と話すことができるか。ということも大切な能力。
もちろん研究内容によっては全く誇張する必要がない人もいると思います!

最終面接の対策

最初に注意を書いておきます。
最終面接まで行けばほぼ内定は都市伝説か何かだと思ってください。
バンバン落ちます。企業によりますがここまで来ても半分は削られる場合が多いです。
そしてこの最終面接は人事部長が要らないと思った瞬間に試合終了です。
一般的に最終面接は始まって5分以内に結果が出ているともいわれています。
ここは残念な話をすると、人事部長の好みによって通過するしないというのが出てきてしまうということが実際にあるということです。
「この人と一緒に働きたい」
と思ってもらわないといけないわけです。
特にこの面接では最初の5分という所を意識してみてください。
とても高度な技術ですが
入った瞬間にこちらも人事部長がどんな人かを見極めて、それによってフランクに話せばいいのか終始真面目に話せばいいのかを判断してください。
ただ基本的に何年も人事をしている方だと一発で性格がばれてしまう可能性があるのであまりにも普段の自分とかけ離れているような振る舞いはやめましょう。
とはいえ日本の就活ではある程度相手に合わせるという術が必要になってきます。
面接内容としては個別面接とさほど変わりはありませんが

・志望度

・入社したら何がしたい
・どんなキャリアを積んでいきたいか
ということを聞かれることが多いです。
ここでは熱意を見せてどうしても
御社に入りたいんだ。入ったらこういうことがしたい。
というのをぶつけてみてください。ここはもちろん嘘偽りなくちゃんと調べていきましょう。

グループディスカッションについて

さてそれではグループディスカッションについて解説していきます。

グループディスカッションってどんなことするの?
起業から与えられたお題に対してグループで回答を作成し、発表。
というのがオーソドックスな形式。
正直お題はそこまで難しくないのでいかに自分の立ち位置を確立させつつ協調性を見せるかが大切だと思います。
それでは具体的にグループディスカッションの対策を書いていきます。

グループディスカッションの対策

グループディスカッションで見られるポイントはこのあたり。

・協調性
・コミュニケーション能力
・積極性
・論理的思考
社会に出るとチームで仕事をすることが多くなります。
そういった場面に適応する能力があるかどうかを判断されます。

そのためグループディスカッションはやはり立ち位置が非常に大事だと考えています。

僕が考える立ち位置は大きく分けてこの4つ

・司会、進行(リーダー的な)
・書記
・時間配分考える人
・役なし
です。
やはり個人的な意見としては司会進行役ができるのが一番強い。
僕はグループディスカッションでいつも司会進行役を務め、落ちたことがないので恐らくこの立ち位置が最も面接官から注目を受けやすい立ち位置。
でもそんなことできないよ。。。って方へ。
簡単な方法を紹介します。

①手順説明の間に時間配分や話す内容を頭で整理しておく。

②その後「始めてください」とアナウンスされた瞬間は大体少し沈黙するので、そのタイミングで「これについて何分間話し合って残りの何分間でまとめるのはどうですか?」と提案する。③自分の意見を最初に述べて、皆さんはどうですか?と聞く。

大体この流れで司会進行役に自然となります。

あとは適当に話振りつつ、意見をまとめる。って感じです。

最後発表も任せてもらえればほぼ間違いなく通過すると思います。

協調性だけはもってやってくださいね。


さて次に司会進行役以外の役になった場合の対処法ですが黙っているのは絶対にNG

書記の人は、そこまででた意見を逐一まとめる

 

時間管理の人は、この時間帯までにこの議論をどこまで進めるかを考える。

 

それ以外の人は、とにかく自分の意見と他者の意見をすり合わせて問題を解決させる方向へ導く発言をする

 

これらが大切だと考えています。

司会進行がすべてではなく協調性をもって自分を出していくことが非常に大切。

仲間とのコミュニケーションを積極的に図っていきましょう。

まとめ

少し長くなってしまいましたが日本の就職活動においてはこのようなことが大切になってきます。

賛否あるとは思いますが僕からの提案としてはこのような形になります。

あまりにも自分を偽りすぎると入社してからのギャップですぐに辞めたくなってしまう。

なんてこともよくあることなので、ある程度自分の芯はもっていた方がいいと思います。

その上で柔軟に対応していけるといいですね。

それではこれから就職活動が本格化していきますので皆さん頑張ってさい。応援しています。

もし何か質問等あれば連絡ください。助けになれると思います。

では本日はこれで失礼します。

関連記事

就活のES書くのが面倒すぎる。。ESって大事なの?どうやって書いたらいいの?今日はこういった悩みや疑問に答えていきます。こちらは続編になるのでよければ関連記事もご覧下さい。[sitecard […]

就活ES
関連記事

こんにちは、時期的に就活しなきゃって思う人が増えてくると思うので今日は就活について書きたいと思います!正直に暴露します。僕三回就活してます。もちろん色々と訳ありなのですが、なぜか3回も経験してしまったため、ある程度説得力のあ[…]

おすすめオンライン英会話ランキング

  • レアジョブ英会話
    4.5



    無料体験ではカウンセリングを受けられる上に講師と教材の質がとにかく高い。
    まずは自分のレベルを知るために体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

  • ネイティブキャンプ



    体験レッスンはなんと7日間無料。
    そしてその場でレッスンの一日の受講上限なし。時間がある方は一日に何コマも受けられる上に、レッスン時間は5分から30分まで自分で選ぶことができます。アウトプットにおすすめ!

  • DMM英会話
    3.5

    世界中の先生と会話できるというのが強みです。DMM英会話にはネイティブコースという、ネイティブとのレッスンを予約できるコースもあります。
    無料体験レッスンでは通常料金でネイティブの先生の授業も取れるので是非試してみてください!

就活面接グループディスカッション
最新情報をチェックしよう!
広告