【クレジットかデビットカード必須】海外(カナダ)の会計事情

カナダって実際現金どのくらい持っていけばいいの?むしろクレジットやデビットカード無しだと生活できないの?

今日はこんな疑問に答えていきます!

カナダの会計事情

まずカナダの会計事情ですが、僕の状況から説明します。

僕は現在ベースメントに住ませてもらっていて、家主がおばあちゃんで現金の方が良いということで家賃だけは現金で払っています。

しかし、その他の会計は全てカード

たまに会計がセパレートできないところで出すくらいです。

月に現金は$30持っていれば十分です

せいや
10万くらいカナダドルに換えてきたんだけど、、、、全然要らんかった・・・・

こちらの飲み会は割り勘ではなく、各々頼んだものを分けて会計できるのでクレジットカードで全く問題ありません。

会計で現金を出している人は僕の経験上10%未満です。

現金に換金するよりも圧倒的にレートがいいので現金の所持は最低限でいいと思います。

むしろ現地についてからクレジットやデビットカードを使ってVISAマークのあるATMで現金をおろした方が安い。

旅行来る人は$100あれば十分だと思います。(留学生もこっちにきてからカナダドルを用意する手段はいくらでもあるので同じく)

クレジットで後から引き落とされるのが嫌な人にはデビットカードをおすすめします。

結論クレジットカードやデビットカードを持つのが一番です。

ただ現金でも生活はもちろんできます。

カナダのお金の話興味ある人は見てみてください。

関連記事

こんにちは!今日はカナダのお金のことについて紹介していきたいと思います。カナダの紙幣って日本みたいに味気なくなくて色とりどりなんです。旅行観光・留学者の方は特に知っておくとお会計で困らないと思うので見てみてください。1,[…]

カナダドル⇒日本円の変換手段

先ほど少し触れましたがカナダドルから日本円に交換する方法を紹介します。

ここから上から順番におすすめの手段を紹介します。

・Transferwiseを利用

・ATMでデビットカードやクレジットカードを利用しおろす

・銀行などで直接換金

Transferwise

Transferwiseは簡単に言ってしまうとオンラインバンキングなどの振込操作だけで直接銀行やATMを使わなくとも現金を移動させることのできる仕組みです。

とにかく手数料が安いです。留学するという方は絶対つかうべき。

以前の記事でTransferwiseについて書きましたのでご覧ください。

関連記事

 海外にいる時、どうやったら安く早く送金できるの? 今日はそんな疑問にお答えします! 海外にいる時、日本から海外へ送金するとき高額の手数料が追加される場合がほ[…]

なお観光で短期間で来る方はこちらで口座開設は難しいと思うので無視してください。

クレジットやデビットカードに関して

次がクレジットカードまたはデビットカードですね。

これは本当に簡単でVISAマークやMastercardマークのあるATMでクレジットカードを挿入。最近はVISAが主流なのでVISAで。

Withdraw ⇒ Credit

の順に押すと現金が出てきます。

この場合キャッシング等ではなくクレジットカードで買い物した時と同じような感じになるので心配いりません。

心配な方はデビットがおすすめ。あるいはプリペイド式のVISAカードなんてものもあるみたいです!

 

ただし手数料が3%かかるのと日本のクレジットカードだとカード会社の手数料がかかるので若干高くなります。

それでも現金を換金するよりかなり安いです。

そして現金の換金ですが、空港やダウンタウンで行えます。

結構探さないとないので予め日本で換金してくるのがよいと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

カナダではお会計はほとんどクレジットカードかデビットカード。

現金はほとんど必要になることはありません。

カナダに来る予定がある方は是非参考にしてください。

では本日はこれで。

おすすめオンライン英会話ランキング

  • レアジョブ英会話
    4.5



    無料体験ではカウンセリングを受けられる上に講師と教材の質がとにかく高い。
    まずは自分のレベルを知るために体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

  • ネイティブキャンプ
    4.0

    体験レッスンはなんと7日間無料。
    そしてその場でレッスンの一日の受講上限なし。時間がある方は一日に何コマも受けられる上に、レッスン時間は5分から30分まで自分で選ぶことができます。アウトプットにおすすめ!

  • DMM英会話
    3.5

    世界中の先生と会話できるというのが強みです。DMM英会話にはネイティブコースという、ネイティブとのレッスンを予約できるコースもあります。
    無料体験レッスンでは通常料金でネイティブの先生の授業も取れるので是非試してみてください!

広告
最新情報をチェックしよう!