【最高のコーヒー抽出法】ネルドリップを始める人のための解説書*淹れ方もご紹介*

せいや
みなさんネルドリップという言葉聞いたことありますか?

 

 

ある方もない方もいらっしゃるかと思いますが、僕個人的に大好きな抽出法の一つであるネルドリップについて紹介します。

 

ネルドリップは手入れも大変だし、淹れ方も少し難しいので提供しているお店があまりないというのも馴染みがない理由の一つですね。

 

それでは早速書いていきます。

 

 

 

ネルドリップとは

 

ネルドリップとは言葉の通り

 

ネルで濾したドリップコーヒー
のことです。
ネルって要は布なんですけど、
手触りが柔らかく起毛している「フランネル」のことで、「ネルシャツ」の「ネル」と同じものです。
このネルで作られた布製フィルターを使う抽出方法のことをネルドリップというんですね。
ペーパーフィルターよりも深めの袋状のためコーヒー粉が広がらず中央に寄り、厚みのある層を湯がゆっくり通過するため、よりコクの深い抽出液が得られます。
厚手のネルフィルターで濾されたコーヒーはペーパーよりも雑味が抑えられ、る上にフィルターを貫通する微粒子が非常に細かいため、舌触りがなめらかでコクのある味わいのコーヒーになります。
大体ペーパーフィルターで淹れるか、最近は金属のメッシュフィルターなんかも流行りですが、ネルドリップはまた少し違った味わいが楽しめるというわけなんですね。
それではネルドリップを始めるために必要な道具をご紹介!

ネルドリップで必要になる器具

 

それではネルドリップを始めるための器具を紹介していきます。

 

僕はほぼすべての器具をAmazonで揃えてしまいました。

 

全部揃えてもかなり安く済むのでおすすめです。

 

・ネル
・サーバー
・細口ポット
・(デジタルスケール)

 

これだけあれば十分です。

 

デジタルスケールは少し値段が高めですが、あれば抽出時間やお湯の量などを測るめやすになります。

 

自分の好みを見つけたい人は是非そちらも一緒に。

 

前回の記事でも出しているのでそちらも併せてお読みください!

関連記事

せいや突然ですが、コーヒーについて書きたいと思います。なんで急に??って思う方かもしれませんが。 実は僕 ・元スタバ時間帯責任者(勤続4年)・そのせいか大のコーヒー[…]

コーヒー器具

 

それでは僕が利用しているものをご紹介します。

 

ネル

 



 

こちらは3枚セットなので大体20-30回分で1枚と考えると60回以上は使えます!僕は安かったのでまとめて3枚セット買ってます。

 

サーバー

 



 

こちらは予めサーバーもネルもすべて付いているものになっているので非常におすすめです。

 

僕はネルを始めたときはこれをまず購入し、変え布も最初に注文しておいた形です。

 

細口ポット

 



 

全然質もいいですし、節約したい人にはおすすめ!

 

もしカリタがいいって方がいたらこちらのサイズ感がいいかと思います。

 



 

正直クオリティはあまり変わらないのでお好きな方を見てみてください。

 

デジタルスケール

 



 

以上になります。

 

基本的なコーヒー用の器具はこちらの記事でも紹介していますのでご覧ください。

関連記事

せいや突然ですが、コーヒーについて書きたいと思います。なんで急に??って思う方かもしれませんが。 実は僕 ・元スタバ時間帯責任者(勤続4年)・そのせいか大のコーヒー[…]

コーヒー器具

 

 

ネルドリップの抽出方法

 

それでは抽出方法について紹介していきます。

 

手順はほぼペーパードリップと同じなのですがいくつか違った部分があります。

 

ペーパードリップの美味しいコーヒーの淹れ方を紹介した記事もあるのでそちらも興味があれば読んでみてください。

関連記事

fこんにちは、本日はドリップコーヒーの淹れ方について書いていきたいと思います。 コーヒーの器具について記事を書きましたが、今回は具体的にコーヒーのドリップの仕方を紹介していきます。 今日紹[…]

粕谷メソッド

 

ネルドリップに必要な工程を書いていきます。

 

 

①ネルフィルターを用意する
②豆をセットし、蒸らす
③抽出する
④ネルを保管
こんな感じで進めていきます。
一つ一つの工程にポイントがあるので解説します。

ネルフィルターを用意

 

まず普段はネルにお湯を通した後に、固くしぽったあと乾いたタオルで水気を取ります。

 

 

始めてネルを使う時はコーヒー豆を鍋か何かで煮て、その液体に浸してそのまま 10-20分ほど煮ることをおすすめします (なじませるため)。

 

その後ネルを付属の金属の輪っかに通します。

 

このときネルは縫い目が外に来るようにセットしてください。

 

豆をセットし、蒸らす

 

いよいよ豆をセットします。

 

 

豆の粗さはペーパードリップと同じか少し細いくらいがいいかと思います。

 

 

豆をネルにセットしたら表面が平らになるように軽くトントンして均してあげます。

 

*ここが重要*

 

ここから豆を蒸らします。

 

豆全体にお湯がいきわたるようにかつネルに直接お湯がかからないようにゆっくりお湯を注ぎます。

 

ネルはペーパードリップよりも注ぐ口が小さいので細口ポットがないと相当な技術を要します。

 

 

経験談ですがネルに直接お湯をかけてしまうと、コーヒーを透過するのではなく、布の周りを伝ってお湯が下に落ちてしまうので気を付けてください。

 

 

そこから30秒ほど蒸らしたらいよいよ抽出です。

 

ネルドリップで抽出する

 

さてようやく抽出です。

 

ネルは少し個人差があります。僕は以下のやり方で淹れています。

 

① 最初はペーパーと一緒で、水位があがるまで「の」を書くようにお湯を注ぎます

 

② お湯が減ったら足すというのを3回繰り返します。(すべてのお湯が落ち着る前にはお湯を足します。)

 

③ ネルは次第に抽出速度が上がっていくので、あとは上から水位を一定に保つようにお湯を注ぎ続けます。(抽出速度とお湯を注ぐ速さが同じになるように。)

 

④ 予定していた分量になったら終わりです。

 

ネルもペーパーと同じで豆とお湯の分量は

 

10 g : 150 ml / 一人分

 

でやっています。

 

ネルフィルターを保管

 

そしてネルフィルターを保管します。

 

ネルフィルターはとにかく汚れるのと、豆かすが繊維の間に挟まって、劣化してしまうので管理は丁寧に!

 

① 沸騰したお湯で 10-20分 煮沸。

 

② 何回か水で洗って絞るを繰り返す。

 

③ 冷水につけて冷蔵庫で保管。(使わないときは毎日水を変えると劣化が防げます。)

せいや
ネルは20回ほど使ったら変えてあげるといいかと思います!

ネルドリップに合うおすすめの豆

 

さてそんなネルドリップに合うコーヒー豆は。。

 

酸味が少なくコクがしっかりした

 

インドネシア産

ブラジル産

グアテマラ産

 

 

このあたりがおすすめ。

 

もちろんどんなお豆でも楽しんでいただけますが、やはりネルの特徴を生かすならこういった豆が特にお勧めです!

 

もちろん産地によってある程度特徴は決まっていますが、農園によって味が全然違ったりもするので、まずは店員さんに

 

酸味少なめでコクしっかりを伝えてみてください。

 

ネルドリップが飲めるお店

 

今回僕は東京でネルドリップの飲めるお店を紹介したいです。

 

名前はCOBI Coffee

 

表参道にあります。

 

BLOOM&BRANCH

『根、幹、枝、花』 花が開くまでに過程があるように、私達はルーツを掘り下げ伝統を重んじそこからの革新を求めます。『花は枯…

 

店員さんのネルを抽出する技術も間近で見れますし

 

こんな感じのお洒落な陶器ででてきます。

 

是非一度訪れてみてください!

 

ネルドリップのある生活

少しネルの方がペーパーよりも手入れが面倒ではありますが、ネルで淹れたコーヒーを始めて飲んだ時の感動はいまでも忘れられません。
それくらいなめらかでコクのある美味しいコーヒーでした。
是非これからネルドリップ始めてみてください!
では本日はこれで。
こちらの記事にペーパードリップの美味しい淹れからも載せています。
関連記事

fこんにちは、本日はドリップコーヒーの淹れ方について書いていきたいと思います。 コーヒーの器具について記事を書きましたが、今回は具体的にコーヒーのドリップの仕方を紹介していきます。 今日紹[…]

粕谷メソッド
関連記事

今日もコーヒー関連の記事を書いていきます。 今回はコーヒーを美味しく淹れるための4つのポイントを紹介します! 以前書いた記事でコーヒーの淹れ方や器具を紹介しているものもあるのでそちらもご覧[…]

ドリップコーヒーポイント
広告
ネルドリップの始め方
最新情報をチェックしよう!