【究極のドリップコーヒー】世界で認められたコーヒーの淹れ方*4:6メソッド*

fこんにちは、本日はドリップコーヒーの淹れ方について書いていきたいと思います。

 

コーヒーの器具について記事を書きましたが、今回は具体的にコーヒーのドリップの仕方を紹介していきます。

 

今日紹介する方法は粕谷哲さんという日本のトップバリスタが世界のコーヒー抽出技術を競い合うブリュワーズカップで優勝した際に披露した方法です。

 

コーヒーこれから始めるという方はこちらも読んでみてください。

 

関連記事

せいや突然ですが、コーヒーについて書きたいと思います。なんで急に??って思う方かもしれませんが。 実は僕 ・元スタバ時間帯責任者(勤続4年)・そのせいか大のコーヒー[…]

コーヒー器具

4:6メソッドとは

 

4:6メソッドとは

 

少し難しいのですがコーヒーをドリップする際に

 

・最初の4割の湯量で味を決定する

・後の6割で濃度を調整する

 

という方法です。

 

粕谷さんは4-5回に分けてお湯を注ぎ、コーヒーを抽出していたようです。

 

この方法では

二人分
豆の分量:20 g

お湯の分量:300 ml
としていました。
そして基本の淹れ方は
60 mlを一つの基準として5回に分けて45秒ずつでドリップします。
あまり豆の量が少なかったり多かったりするとムラが出たり少し難しいことも理由にありますが、粕谷さんはこの量で抽出していました。
もっと一気に淹れたいという方は豆10 g に対してお湯150 ml と考えるといいかもしれません。
それでは早速詳細に入ります。

4 : 6メソッドの実際の使い方

 

まず初めに味を決め、その後に濃度を決めていきます。

 

それぞれの項目に分けて図解していきます。

 

最初の4割で味を決める

 

今回は先ほど書いた通り

 

コーヒー豆20 g

お湯 300 ml

 

を分量として計算します。

 

 

4:6メソッド味
極端に言うとこんな感じです。
1投目の湯量が少ないほど酸味が少なく、甘みのある味わいに。
逆に1投目の湯量を多くするとさっぱりとした酸味のある味わいになるということですね。
ここで言う一投目とは蒸らしです。豆を蒸らしておくことでよりスムーズにおいしく抽出ができます。
この蒸らしの段階で味が決まるということですね。
せいや
僕はいつも一投 60 ml を基本として±10 くらいで調整しています。
自分の好きな比率を探すのも結構楽しいですよ!
豆の特徴によっても変わってきますし。

残りの6割で濃度を決める

残りの3投目からで味の濃度を決めていきます。
これは大体僕の感覚ですが、3投目のお湯の量でほぼ濃度は決まるかと思います。
3投目で注いだお湯の量に応じて4投目、5投目のお湯の量は変えてきます。
4:6メソッド濃度
こんな感じのイメージです。
こちらも深煎りの豆をわざと軽めに入れてみたり、色々と工夫ができるので是非やってみてください。
自分のお気に入りの比を見つけるのも楽しみの一つですよね。

実際の粕谷さんの動画

粕谷さんが実際に動画で解説してくれているので是非ご覧ください。
シンプルでわかりやすい動画となっているので是非一度見てみてください。

粕谷さんが使用していた器具

 

それでは粕谷さんが動画内で利用していた器具を紹介します。

 

 





 

 

という感じで全てハリオ製のものを使っていました。

 

ケトルなんかは高いものを使っているので

 

こちらの記事で紹介した器具もご覧ください。

 

関連記事

せいや突然ですが、コーヒーについて書きたいと思います。なんで急に??って思う方かもしれませんが。 実は僕 ・元スタバ時間帯責任者(勤続4年)・そのせいか大のコーヒー[…]

コーヒー器具

 

実際に4:6メソッドでコーヒーライフを豊かに!

 

この淹れ方だと本当に味が全然違うことに気づくと思います。

 

そして自分のお気に入りの豆でどの抽出具合にするかを研究することでコーヒーライフがもっと楽しいものになります。

 

是非試してみてはいかがでしょうか!

 

それでは本日はここまで。

 

関連記事もどうぞ

ドリップコーヒーの淹れ方についての記事もご覧ください。

関連記事

せいや突然ですが、コーヒーについて書きたいと思います。なんで急に??って思う方かもしれませんが。 実は僕 ・元スタバ時間帯責任者(勤続4年)・そのせいか大のコーヒー[…]

コーヒー器具
関連記事

今日もコーヒー関連の記事を書いていきます。 今回はコーヒーを美味しく淹れるための4つのポイントを紹介します! 以前書いた記事でコーヒーの淹れ方や器具を紹介しているものもあるのでそちらもご覧[…]

ドリップコーヒーポイント
粕谷メソッド
最新情報をチェックしよう!
広告