【見た目が綺麗】カナダの通貨*カナダドル*

こんにちは!今日はカナダのお金のことについて紹介していきたいと思います。

カナダの紙幣って日本みたいに味気なくなくて色とりどりなんです。

旅行観光・留学者の方は特に知っておくとお会計で困らないと思うので見てみてください。

1, カナダの通貨の種類

カナダドルは最近では大体80-85円程度とUSドルより少し安い程度です。
1カナダドル100円って思っておくと後で日本円に換算した時少し得した気分になります(笑)。

カナダドルの種類(硬貨)2ドル(トゥーニー)
1ドル(ルーニー)
25セント(クォーター)
10セント(ダイム)
5セント(ニッケル)
カナダドルの種類(紙幣)100ドル
50ドル
20ドル
10ドル
5ドル

となっています。
硬貨にはそれぞれ呼び方があるようです。

2, カナダのお会計事情

ちなみに以前も書きましたがカナダはクレジットでの支払いがメインのため意外とこの呼び方を知らない人も多いです。

あとこちら1セントがないので現金払いだと2セント以下切り捨て3セント以上繰り上げで計算されるという謎の文化があります。日本でいうと最大2円返ってこないか、むしろ2円得することもあります。

例えば1ドル28セントのお会計で1ドル30セント渡すとおつりは0です。
逆に1ドル27セントのお会計の場合1ドル25セントで会計できます。

訳が分からなすぎるので現金会計の時は適当にお金を渡しておつりも確認したことがありません。

そんな僕は95%くらいクレジット払いしています。

たまーーーにキリがいい数字の時に現金出すくらいです。

あともう一つ、$100札を会計の時に出すと露骨に嫌な顔されるか、$100札お断りの場合もあります。

観光か留学でお金を持っていく場合はあらかじめ崩していくことをおすすめします。

僕は現金をほとんどもってこず(日本で変えると本当にもったいない)デビットカードを使ってこちらのVISA対応のATMで現金をおろしています。

クレジットかデビットカードでおろすと多少手数料はかかるものの換金して現金を持ってくるより確実に得です。

ちなみにこういったプリペイド式のものも最近はあるので是非併せてご利用ください。



3, カナダドルのデザイン

さて冒頭で書いた通りカナダドルはなんといっても色とりどり!紙というよりプラスチックに近い素材で最初に手にしたとき結構感動しました。

 

・硬貨

2ドル(トゥーニー)

File:Toonie.2012.design.reverse.png

出典:Wikipedia

1ドル(ルーニー)

出典:Wikipedia

25セント(クォーター)

File:Quarter Reverse 2010.png

出典:Wikipedia

10セント(ダイム)

File:Canadian Dime - reverse.png

出典:Wikipedia

5セント(ニッケル)

File:Canadian Nickel - reverse.png

出典:Wikipedia

 

・紙幣

出典:Bank of Canada

以上です。

どうですか?結構カラフルで僕はとても好きです。

こんな素敵な通貨があるのにクレジット文化なのがもったいないと感じてしまいます。

4, まとめ

いかがでしょうか。

これからカナダへ留学・観光を考えている方は是非参考にしてみてください。

では本日はこれで。

 

おすすめオンライン英会話ランキング

  • レアジョブ英会話
    4.5



    無料体験ではカウンセリングを受けられる上に講師と教材の質がとにかく高い。
    まずは自分のレベルを知るために体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

  • ネイティブキャンプ



    体験レッスンはなんと7日間無料。
    そしてその場でレッスンの一日の受講上限なし。時間がある方は一日に何コマも受けられる上に、レッスン時間は5分から30分まで自分で選ぶことができます。アウトプットにおすすめ!

  • DMM英会話
    3.5

    世界中の先生と会話できるというのが強みです。DMM英会話にはネイティブコースという、ネイティブとのレッスンを予約できるコースもあります。
    無料体験レッスンでは通常料金でネイティブの先生の授業も取れるので是非試してみてください!

広告
最新情報をチェックしよう!