【必見!】カナダの大学院で研究留学するメリットとアプライ方法

研究留学に行くのって実際難しいの?そもそもどうやって準備するの?

こう思ってる方多いのではないでしょうか。

本日はこういった疑問にお答えします。

研究留学の難易度とメリット

研究留学って聞くと

「なんか難しそう」

「お金もかかりそう」

「海外はレベルも高そう」

なんて心配になる方多いと思います。

実際はそんなことありません。

僕の場合は

せいや
海外行きたい!研究も続けたい!じゃぁまず海外の先生にメール送ってみよう!
くらいの軽い気持ちで留学が決定しました。(もちろん様々なことを考慮した上でですが)
実際は行動さえ起こせばだれでも行けます。

研究留学するメリット

次はこちら。じゃぁ実際研究留学して何のメリットがあるんでしょう。
僕が思うに以下のようなメリットがあります。
・単純に語学力向上
・専門知識を英語で話せるようになる
・文化を知る
・日本の教育レベルとの差を知る

です。

これらを達成することで将来的に日本を引っ張るグローバルリーダーになれると僕は信じています。

実際僕はこちらにきて日本に居るだけでは絶対に知らない化学の単語や言い回しをいくつも知りましたし

日本と海外のレベルの差がまだそこまでないということも知ることができました。

これはこれから頑張ればまだまだ日本は世界で戦えるということ意味しています。

そういったことを肌で感じることができることが大きなメリットになります。

理系学生の留学する意義をまとめた記事がありますのでそちらもご覧ください。

関連記事

今日は少し自分の意見を書きたいと思います。最近留学をすることはかなり一般的になってきていると感じます。ですが、その中でも有機化学を専攻している修士の学生が留学に行く機会は未だに非常に少ないと感じています。そこで今日はそのこと[…]

それではこれから僕が実際にアプライしたUBCの研究留学プログラムについて紹介します。

バンクーバーの大学UBCにおけるVIRSとは

では早速ですがUBCには

VIRSVisitor International Research Student)

というプログラムがあり、UBCの様々な分野の研究にVisitorとして最長1年携われる制度があります。

支払いはなんと

$415+学校指定の保険代(6ヵ月で$300程度)のみ

でした。

これだけで研究留学できるので正規留学と比較してもかなり安くすみます。

授業への参加は原則としてないので、所属先の教授と相談すれば受けられるかも?(単位等はありませんが)

VIRS申し込み

申し込みの方法ですが、僕の場合、自分の専門分野に近い研究を行っている先生を探し、直接メールしました。

まったくコネ等はありませんでしたが、運よくすぐに返事が返ってきました。なかなか返ってこないこともしばしばあるそうです。

もしあるのであれば日本で所属している研究室の教授とコネクションのある先生のところがいいですね。

その後はUBCの先生とメールのやり取りをしてVIRSへの申し込み手順を教えてくれて、留学という感じでした。

VIRS申し込みの流れ

それではVIRS申し込みの流れについてまとめてみます。

・研究したい分野の先生にメール
・許可を得たらVIRSに申し込み(担当のgo globalという部署)
・プログラム費用と保険を支払う
・渡航⇒研究開始

ここはそこまで複雑ではないので研究室さえ決まってしまえば留学はほぼ確実です。

まずは勇気をもってメールを送ることです。

もし不安のある方は以下のFacebookからメッセージをいただければお手伝いします!

>>Facebookはこちら

半年前くらいから準備は必須です。

申し込みに不安がある方は以下のような留学サポートの会社がありますので是非ご利用ください。

ビザサポート等もしてくれるところがあるので不安な方はまず業者を使うのが一番です。

留学前に必要な準備や手続き

さて次に、VIRSで留学に来た僕が留学前にしなければならなかった(必須)ことを書きます。

・先生へのメール
・VISA取得(滞在が6ヵ月以下なら不要。)
・VIRS申請
・家探し(一番大変かもしれません)
・航空券確保
・海外旅行保険加入

ざっと並べるとこの程度です。そこまで多くはなかったと感じます。

VISA、家探し、航空券の記事は以下の通りですので是非参考にしてみてください。

関連記事

留学に行くけどビザとるのって複雑そう。どうやって取ればいいのか知りたい!今日はそういった方向けにビザ取得の流れについて書いていこうと思います。僕自身、書類集めたり、申請通るかドキドキして待ったり、、色々総合し[…]

カナダビザ
関連記事

バンクーバー行きの飛行機の料金や時間について知りたい!今日はそういった人向けに書いていきます。飛行機予約先サイトまずは渡航に先立ってどういったところで渡航券を購入するかを紹介していきます。[…]

バンクーバーへの渡航費用
関連記事

バンクーバーに留学行くんだけど、家ってどう探せばいいの?家賃ってどのくらいなの?今日はこういった疑問にお答えしていきます!住んでいる場所は?現在僕はKerrisdale (ケリスデール)という場所に住んでいま[…]

留学前にやっておけばよかったこと

僕自身が実際留学に来てやっておけばよかったと思うことを書きます。

・雨具の用意(特にレインコートやブーツなど季節によりますが)
・英語の勉強(とにかく意思疎通ができないと研究進捗ありません)
・スポーツ用具の持参(特に屋外のテニスコート無料なのでテニス始めるのにはもってこいです)

関連記事

英語学習を始めたいけど、何から始めていいか分からない。こんにちは!今日はこういった人向けに僕のおすすめの英語学習法について紹介します。まだまだ発展途上ですが、一年前と比べたらある程度の会話と議論はできるように[…]

まとめ

いかがでしょうか。

ざっと書きましたが、意外と研究留学へのハードルは高くありません。

もし今迷っている人がいれば絶対に行くという方向性で検討してみてください。

もし迷っている人が居れば相談に乗ります。

それでは失礼します。

おすすめオンライン英会話ランキング

  • レアジョブ英会話
    4.5



    無料体験ではカウンセリングを受けられる上に講師と教材の質がとにかく高い。
    まずは自分のレベルを知るために体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

  • ネイティブキャンプ
    4.0

    体験レッスンはなんと7日間無料。
    そしてその場でレッスンの一日の受講上限なし。時間がある方は一日に何コマも受けられる上に、レッスン時間は5分から30分まで自分で選ぶことができます。アウトプットにおすすめ!

  • DMM英会話
    3.5

    世界中の先生と会話できるというのが強みです。DMM英会話にはネイティブコースという、ネイティブとのレッスンを予約できるコースもあります。
    無料体験レッスンでは通常料金でネイティブの先生の授業も取れるので是非試してみてください!

広告
最新情報をチェックしよう!