【変更前に】WordPressテーマ*ザ・トールへ変更時のメリットと実体験に基づく注意点*

ザ・トールにテーマを変えようと思ってるんだけど、メリットと注意点を教えて!

 

今日はこんな感じの質問に答える形で書いていきます。

 

せいや
テーマを変えることで得られる成果はいくつもあったけど、僕自身がテーマを変更する際に非常に苦労しました。最初の数日は手を付ける気にもならなかったくらいには。

 

もともと別の有料テーマを利用していたのもありますが、かなり苦労はしました。

 

そんなわけで今日は特に僕の使っている「ザ・トール」に焦点を当ててテーマ変更の際に得られるメリットと起こりうる問題と解決策を述べていきます。
ザ・トールの使用感について書いた記事もあるので読んでみてください。
関連記事

先日テーマをOPENCAGEさんのスワローから最強のテーマの呼び声高いFITさんから出ているThe Thorへと移行しました。移行作業にかなり時間がかかってしまいましたが、今日は変えてみた後の使用感や感想を書いていきます。こ[…]

ザ・トールの使用感

そもそもテーマを変えるメリットは?

 

そう。そもそもなんでテーマ変える必要があるのか。

 

これには理由が3つあります。

 

・SEO対策のしっかりしているテーマを利用することで流入増
・CSSなどをいじらず気に入ったデザインを利用できる
・収益化を促進させる画期的なデザインを利用できる

 

僕が考えるのはこの3つです。

 

他にも意見はあるかと思いますが、これらが主な理由です。

 

ちなみに過去の記事でWordpressのテーマを有料から無料にするメリットについてもまとめていますのでご覧ください。

 

関連記事

ブログのテーマ有料にしたところで何か変わるの?変わります。ワードプレス有料にする効果ありです!そんなわけで今日はWordpressのテーマについて書いていきたいと思います。 […]

wordpress無料から有料テーマに変更する際の効果と注意点

テーマ変更によるSEO対策

 

テーマを変更することによってSEO対策になる場合が多くあります。

 

これは技術的な内容を含むので解説するのは非常に難しいのですが

 

「エンジニアの人たちがGoogleの検索アルゴリズムに合わせて知識を総動員して作っている」

 

と考えてください。

 

もちろんこの辺りはテーマごとに違ってくるので事前に口コミなどを良く見て選ぶ必要はあります。

 

例えばこのザ・トールでいうと

 

・強力なSEO対策がテーマ自体に施されているためプラグイン不要

⇒導入段階でSEOが可能+速度上昇による検索順位向上

 

というような効果が見込めるわけです。

CSSの知識不要でデザインを変更できる

 

これもテーマを変えることの魅力の一つです。

 

特に無料テーマだとどうしてもデザイン性に限界があり、少しCSSを勉強するか、一生懸命ググって試行錯誤しながらデザインを変えていくということがどうしても必要になってしまいます。
その点有料テーマは
初期装備の段階でかなり自由度の高いデザインを施せるものが多いというのが魅力です。
そのためデザインにかける時間を記事執筆等に回すことができるのです。

収益化の促進

 

これはテーマによるところも大きいと考えていますが、テーマによっては非常に考えて作りこまれており、収益アップも期待できます。

 

特にこのザ・トールに限ると

 

・広告のクリック率を促すCTA (call to action)を導入

・広告の差し込みを簡単にするカスタマイズの幅広さ

・商品ランキングを簡単に表示させられるシステム

 

などで収益化をするのに非常に便利な機能を搭載しています。

 

テーマ変更の際に注意すること

さてお待たせいたしました。
ここからテーマ変更の際に注意することを書いていきます。

ザ・トールにテーマ変更に起きた不具合

 

これはあくまでも僕が

・前回有料テーマを利用していたこと

・プラグインを多数使用していたこと

 

が原因となっていますのでまだブログ始めたばかりという方や、シンプルなデザインを使用していた人はあまり問題にはならない場合が多いです。

 

・前回のショートコードが文として表示されレイアウトが崩れた

・内部リンクカードが表示されない

・ザ・トールとプラグインが干渉しあってページが正しく表示されない

 

このあたりが初期に起きてしまった不具合となります。

 

では注意点と改善策を見ていきましょう。

テーマを変更する前の注意点と改善策

 

ごめんなさい。ぶっちゃけると

 

テーマ変えるならある程度覚悟して変えましょう。
という結論にはなってしまいます。身も蓋もなくて大変申し訳ない。
とはいうもののいくつか解決策はありますので紹介します。

前回のショートコードについて

 

これがまず僕の中では最も大きな問題でした。

 

前回のテーマで50記事以上書いて来たところからのテーマ変更であったため重用していたショートコードたちが一気に文字になってしまいました。

 

僕が実際にやった方法は

 

・前のテーマのスタイルシートやphpのショートコードをごっそり新しい子テーマにコピペした

・不要なショートコードのある投稿を全リライト

 

結局全リライトしたんかい。。。
って感じなんですけどね。
でも過去のショートコードコピペするのは対策としてありかなと思います。
ただあまりにもかけ離れたテーマの以降になると全くなじまないということもあるのでそこは人によると思います。

内部リンクカードが使えない

 

この問題も解決するのに1日くらい悩んでやっと解決しました。

 

この不具合が起きてしまった理由は

 

ザ・トールの設定上カスタムパーマリンクを利用したリンクを使用すると表示されないというものでした。
これに気づくまで永遠に格闘し続けました。
なにせプラグイン停止を試したところでリンク名は既に変わってしまっているので何も解決しませんでしたし。
そこで何記事かパーマリンク変更してないものがあったのでそちらの内部リンクを試してみたところ、、、
表示されました!!
ここまでくれば原因はおそらくパーマリンクだろうと気付きました。
そしてSearch consoleで調べてカスタムパーマリンクしてリダイレクト設定する前のURLを調べて貼ってみると表示されるようになったのです。
だけど、前設定したリンクいちいち設定してたら記事執筆どころじゃない、、、と考えて僕はこうしました。
ワードプレスのダッシュボードから設定のパーマリンクに飛び
パーマリンク構造を
https://ブログ名/記事ID/
に変更してみました。
これなら記事IDさえ分かれば元の日付等も調べる必要がなくなるので。
結果。
無事内部リンクが表示されるようになりました!!!!
せいや
正直解決した時は泣くかと思いました。

まぁそのくらい苦労したってわけです。

 

これもし同じことになる人いたら試してみてください。

 

カスタムパーマリンクはそのまま使えます。カスタムパーマリンクで変更する前のリンクを打ち込めばいいだけなのでワードプレス自体のパーマリンク設定を変えてやって、そのURLを打ち込むと内部リンクが表示されるようになります。
どうやらザ・トールの内部リンク機能はURLからID情報を取得しているのでそのURLはプラグインと相関していないものということみたいですね。

プラグインとの干渉

 

これもすこし面倒でしたが、そこまで内部リンク問題に比べれば苦労はなかったです。

 

解決法は

 

もともとザ・トールが搭載している機能をみて、干渉してしまいそうなプラグインを止めて確認する。

 

これを繰り返します。

 

もしこれでも解決しなければひとつずつプラグインを停止していきます。

 

僕の場合はこれだけで解決できました。

 

ザ・トール自体がプラグイン不要の設定になっているので、要らないものはテーマ変更した時点でどんどん消してしまうのもいいかもしれませんね。

 

さすがに消してしまうと影響がありそうなもの(たとえば僕の場合だとリダイレクションなど)

 

は消さないように注意してください。

 

テーマを変えるなら早めに

 

いかがでしょうか。

 

テーマを変更すること自体、非常にメリットのあることではありますが

 

もともとが出来上がっていればいるほど変更が大変にもなったりするものです。

 

特に有料テーマはもともとデザインが整っていることが売りなのに原因が良く分からない問題に悩まされるのは少し馬鹿馬鹿しいような気もしますよね。

 

まだ始めたばかりで迷っている方には早めの変更をおすすめします。

 

それでは本日はこれで。

 

 

おすすめオンライン英会話ランキング

  • レアジョブ英会話
    4.5



    無料体験ではカウンセリングを受けられる上に講師と教材の質がとにかく高い。
    まずは自分のレベルを知るために体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

  • ネイティブキャンプ



    体験レッスンはなんと7日間無料。
    そしてその場でレッスンの一日の受講上限なし。時間がある方は一日に何コマも受けられる上に、レッスン時間は5分から30分まで自分で選ぶことができます。アウトプットにおすすめ!

  • DMM英会話
    3.5

    世界中の先生と会話できるというのが強みです。DMM英会話にはネイティブコースという、ネイティブとのレッスンを予約できるコースもあります。
    無料体験レッスンでは通常料金でネイティブの先生の授業も取れるので是非試してみてください!

広告
ザ・トールへテーマ変更
最新情報をチェックしよう!